アニオタゲーマーでも恥ずかしくない

にわかが通ぶって書く、アニメ、ゲームの感想や雑記。ゲーム攻略は中級者以下の「ラクにゲームがしたい」という人向けです。

冬アニメが始まったので感想

冬アニメもだいたいそれぞれ3話から4話くらいに入ってきました。

なので観ようと思っていたアニメに対して、感想を書いていきたいと思います。

aniota-gamer.hatenablog.com

異世界かるてっと2

一期に続いて、ワクワクした雰囲気が損なわれず楽しんで観ています。

このすばの中で私が一番好きなキャラであるバニルが、デミウルゴスと討論(?)しているシーンとか、「このキャラ同士が話したらこうなるのか」という納得感がまた微妙で面白いです。

f:id:isshiki0022:20200126014142j:plain

ちょむすけや、まさかのジャイアントトードまで出演するという意外さも嬉しいところです。

視聴続行です。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

正直ちょっと微妙なところです。

ゲームを始めたばかりの初心者がゲームの中での大会で3位をとるとか、まあ言ってしまえば異世界のチートキャラが主人公と同じような話だと思います。

ただ、チート主人公が女性という話はあまり観たことがないように思います。

攻撃している音が可愛かったりと、ストーリー以外での見どころ(聞き所?)があったりするので、しばら視聴は続けて行こうかと思います。

映像研には手を出すな!

期待通りの出来です。

OPから最高です。

そして絵もかなり好みです。

浅草氏の声が、声優を本業としている人じゃなくて女優である伊藤沙莉さんだと知ってびっくりしました。

全然違和感がありません。

f:id:isshiki0022:20200126014455j:plain

好きなキャラは金森氏です。

視聴はもちろん続行です。

ソマリと森の神様

期待通りの雰囲気とストーリーですね。

景色がきれいで、ソマリがかわいいです。

でもゴーレムに育てられたソマリが、なんであんなに感受性豊かなのかはちょっとわかりません。

f:id:isshiki0022:20200126014620j:plain

どういうストーリーになるのかも気になるところです。

視聴続行です。

とある科学の超電磁砲T

正直、一方通行のときはかなり期待はずれだったんですけど、こちらは期待通りの出来です。

コミックスで読んでいるからストーリーはわかっているんですけど、やっぱり動いてると違いますね。

削板軍覇のシャツが旭日旗じゃなくなってるのがちょっと不満ですが。

f:id:isshiki0022:20200126014834j:plain

あれこそが軍覇の象徴みたいなところがありましたので。

視聴続行です。

ドロヘドロ

興味はなかったけど、PVを見て視聴を決めた作品です。

視聴してよかったと思います。

荒廃した雰囲気といい、キャラのどぎつさといい、かなり気に入りました。

f:id:isshiki0022:20200126014850j:plain

原作は完結してるんですね。

アニメを見終わったら、コミックスで続きを読むかもしれません。

視聴続行です。

へやキャン

へやでキャンプする、みたいなタイトルですが、やっぱりそういうことではありませんでした。

山梨の広報のような話ですね。

f:id:isshiki0022:20200126014952j:plain

でも相変わらずのゆるい雰囲気で、のんびり観ていられます。

視聴続行です。

ところでゆるキャン、実写化してたんですね。

なんかもう・・・もうちょっとオリジナルで面白いドラマは作れないのかと思います。

オリジナルのドラマって、刑事、医者、恋愛のどれかくらいしかないんじゃないでしょうか。

魔術士オーフェンはぐれ旅

「おーそうだ、こんな話だった」という感触を楽しみながら観ています。

牙の塔とか、小説を読んで思い描いていたのとはかなり違いましたが。

「牙の塔といっても塔じゃない」という描写はありましたけど、街の真ん中にでっかい牙があったんですね。

f:id:isshiki0022:20200126015032j:plain

記憶を掘り起こすのを楽しみながら観ていきたいと思います。

視聴続行です。

理系が恋に落ちたので証明してみた。

思ったほど、証明に説得力がないのがちょっと残念なところです。

でもやっている実験は面白いので、続きも観てみたいと思います。

f:id:isshiki0022:20200126015147j:plain

視聴続行です。

 おわりに

とりあえず冬アニメで「観よう」とおもったものは、全て続行ということになりました。

id:INVADED イド:インヴェイデッドは録画して、まだ観てないのですが、多分続行すると思います。

ほとんど視聴をやめてしまった秋アニメとは違って、豊作なのが嬉しいところです。

それでは。

イッシキでした。

 

炎炎ノ消防隊 22話 感想 ザ・ワールド発動??宇宙の膨張熱って?

炎炎ノ消防隊、初期からでは想像がつかないような展開になってきましたね。

 

(なんか小難しい話も出てきてるので、ちゃんと理解してるのか怪しいところです。)

 

なんと時を止める、なんてことができるキャラが出てきました。

 

それに対して森羅はどういう対策を練るのか、というところですが・・・。

 

そもそもショウ(象と書くらしいです)が時を止めることができるのは、異界アドラと呼ばれる次元に存在する伝道者なる者の加護を受けているからだそうです。

f:id:isshiki0022:20191227065748j:plain

 

これによって、全てのものに干渉できるショウは、宇宙の膨張熱に干渉して時間を止めることができるというのです。

 

正直、このあたり、私は理解できていません。

 

そもそも宇宙の膨張熱ってなんでしょうか。

 

どのサイトを見ても「宇宙の膨張熱に干渉して時間を止める」としか書かれていません。

 

ちょっと考察してみます。 

 

現時点においては宇宙は常に膨張しているとされています。

 

ですが宇宙が膨張しているということは、宇宙に存在するエネルギーが分散していくということなので、実際は宇宙は冷却されているはずなんです。

 

結果、熱的死といって宇宙は終焉を迎えるとされています。

 

(もちろん諸説ありますが。)

 

なので「膨張熱」という言葉もよくわかりません。

 

ここで一つの仮説として、この世界では宇宙は終焉を迎えないとしているとしたらどうでしょうか。

 

終焉を迎えないということは、常に宇宙になんらかのエネルギーが流れ込んでいることになります。

 

アドラバーストはあらゆるものに干渉できるということですので、これがそのエネルギーに当たるのではないでしょうか。

 

一応辻褄は合っていると思います。

 

f:id:isshiki0022:20191227072339j:plain

 

そのエネルギーが宇宙の膨張を手助けしているとしたら、エネルギーである熱に干渉することで時間を止める、という仮説は成り立つと思います。

 

ちょっと前回までの復習をしていないので、今のところ考えられるのはこんな理論くらいですね。

 

いつか原作も読みますので、そのときに考えが変わったら追記しようと思います。

 

さて、そんなこんなで時を止めることができるショウ。

 

f:id:isshiki0022:20191227072821j:plain

 

刀はいつも峰打ちの構えですね。

 

部下たちは殺す気まんまんだったのに、団長であるショウは殺す気はないようです。

 

そんなショウに対して森羅は・・・。

 

f:id:isshiki0022:20191227073012j:plain

 

速く移動することで時を止めてしまいます。

 

しかも止まった世界では消えてしまっています。

 

リヒトの説によれば、森羅は高速で飛ぶあまり、体が衝撃に耐えられなくなり粒子化してしまいます。

 

そしてその高速は光速を超えてしまうことにより、時間が巻き戻って体を再構成しているのです。

 

またちょっとややこしい話になるのですが、現在の理論によれば物体は光速より上の速度は出せません。

 

ですから光速以上の速度を無理やり出したとしたら、三次元より上の次元で帳尻を合わさなくてはならないことになります。

 

つまり三次元中で移動の方向がプラスであるとしたら、四次元中ではマイナスの方向に移動、つまり時間を逆向きに移動していることになります。

 

多分この辺はそういう解釈でしょう。

 

ただ、時間が巻き戻るということと、時間が止まるということが、私の中では繋がりません。

 

実際、先程は止まった時間の中で森羅は粒子化してて、ショウには認識できなかったわけですし。

 

 しかもリヒトが言っているとおり、森羅が光速で移動したらブラックホールが生まれてしまいます。

 

f:id:isshiki0022:20191227074152j:plain

 

そうなったらリヒトは「東京公国が吹き飛ぶ」と言っていますが、 おそらくそんなものでは済まないでしょう。

 

そんな大きいブラックホールができたら、太陽系全てくらいは飲み込むんじゃないでしょうか。

 

でもそんなものを見ることができるなら科学者冥利につきる、と森羅を止めることはしません。

 

f:id:isshiki0022:20191227074415j:plain

 

まあそんな私にはわからない理屈はさておき、森羅も時が止まった世界に入り込むことに成功しました。

 

 

f:id:isshiki0022:20191227074653j:plain

 

曰く、ショウを介して伝道者の加護を得ることができたからだということです。

 

伝道者、何者なのでしょうか。

 

うちゅうのほうそくがみだれています。

 

そしてここからは時を止める者同士の戦いになります。

 

f:id:isshiki0022:20191227075118j:plain

 

 ショウもついに真剣を持ちかえました。

 

峰打ちより、自分で柱に突っ込んで行ったときのほうがダメージは大きかったんじゃないかと、今になって思います。

 

そして始まるとんでもねースピードの兄弟喧嘩。

 

f:id:isshiki0022:20191227075506j:plain

 

f:id:isshiki0022:20191227075527j:plain

 

ただし、これは森羅にとってはあくまで「鬼ごっこ」。

 

そんな森羅にショウは苛立ちを覚えて言います。

 

「突然現れて兄貴ヅラするな!」

 

f:id:isshiki0022:20191227075701j:plain

 

当初は「血の繋がりなど意味はない」というようなことを言ってましたが、ショウの中で何かが変わっていったのでしょうか。

 

それとも生まれてきたのでしょうか。

 

そうしているうちに森羅にも限界が・・・。

 

f:id:isshiki0022:20191227075857j:plain

 

リヒトいわく、森羅は粒子化しているわけですから、何度も死んでは生き返っているとのこと。

 

ですから能力発動中にオーバーヒートしたら、粒子化したまま戻ってこられなくなってしまうんですね。

 

それを聞いた森羅は・・・。

 

f:id:isshiki0022:20191227080057j:plain

 

なにかを思いついたようです。

 

粒子化して戻ってこられなくなることを利用した作戦・・・。

 

想像できないですねえ。

 

ちゃんと戻ってくることを前提とした作戦のようですが。

 

でも森羅はあくまで「ショウと遊べることが嬉しい」と言っています。

 

f:id:isshiki0022:20191227080330j:plain

 

そしてショウを取り戻す、と。

 

またショウを残して自分が消えたら、兄貴失格だ、とも。

 

さて、森羅はどんな作戦でいくのでしょうか。

 

来週を楽しみにしたいと思います。

 

それでは。

 

イッシキでした。

 

 

 

 

 

2020年冬アニメ どれを視聴しようか

2019年の秋アニメもほぼ終わりが近づいてきて、次は2020年の冬アニメが始まります。

 

「これを観る」と言ってた秋アニメも、やっぱり途中から見なくなったものもいくつかありましたし、冬アニメもそういう風になるかもしれませんが、とりあえず今の段階で観ていこうと思うものを挙げていきます。

 

異世界かるてっと2

www.youtube.com

 

これは1が終わったときから視聴は決定していました。

やっと来たか、という感じですね。

前は運動会までやってましたので、次は文化祭とか?

卒業式までやってくれるのか、楽しみです。

 

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

www.youtube.com

 

タイトルに惹かれて小説を読んだことがあったのですが、文章力が物足りず途中で読むのをやめてしまった作品です。

テーマは面白そうなので、視聴候補に入れておきたいと思います。

 

id:INVADED イド:インヴェイデッド

www.youtube.com

絵が好みだったので気になりました。

PVを観てみたのですが、面白そうなので候補に決定です。

 

映像研には手を出すな!

www.youtube.com

これも絵が好みですね。

風景画とかがかなりいい感じです。

話の内容はちょっとさておいて、候補に入れます。

 

ソマリと森の神様

www.youtube.com

ゴーレムの父親と、迫害されている人間の女の子の組み合わせです。

今までにあまりなさそうなファンタジーですね。

絵もきれいですし、観てみたいと思います。

 

とある科学の超電磁砲T

www.youtube.com

とあるシリーズは全部観ようと思っていますので、これは最初から確定ですね。

ただ、一方通行のときは結構ガッカリ感が強かったので、これは面白いものであることを願います。

 

ドロヘドロ

www.youtube.com

タイトルからしてあまり惹かれなかったのですが、PVを観て一転。

めっちゃ面白そうです。

勝手に期待します。

 

へやキャン△

www.youtube.com

 

ゆるキャンが面白かったので、問答無用で視聴決定です。

へやキャンて。

どんな話になるんでしょう。

 

魔術士オーフェンはぐれ旅

www.youtube.com

 

なんだかえらく懐かしいものが出てきましたね。

オーフェンとは。

最終巻まで読みましたけど、結構話は忘れてしまってます。

一応視聴候補ということで。

 

理系が恋に落ちたので証明してみた。

www.youtube.com

恋愛ものってあまり観ないんですけど、私自身が理系出身なので気になりました。

おそらく色んなものに仮説を立ててめちゃくちゃな、それでいて結構説得力がある証明をしていく、という感じじゃないでしょうか。

証明に説得力があれば視聴続行です。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今季もだいたい10作品が候補に上がりましたね。

できればどれも最後まで観てみたいものです。

 

それでは。

 

イッシキでした。

仁王 海坊主が倒せねえーーー!!!※追記あり

米現在、フリープレイで来てた仁王をプレイしています。

 

f:id:isshiki0022:20191204184200j:plain

 

フリープレイですけど、DLCとかは全部含んでるやつらしくて、長く遊べそうです。

ダークソウルとかブラッドボーンを少し変えた感じのゲームですね。

 

一撃攻撃する毎に、相手の攻撃を回避するごとに、走るごとに気力が減っていき、気力がなくなったら息切れ、というあたり、かなり似ているようにおもいます。

あまり似過ぎていて、攻撃ボタンをR1で繰り出してしまっていました。

すこし慣れたので、もうそんな間違いはしていませんが。

 

さて、その仁王。

今行き詰ってます。

タイトルにも書きましたけど海坊主が倒せねえーーー!!

 

f:id:isshiki0022:20191204184445j:plain

 

死にまくってます。

ここまでのラスボスは、大体3回も死んだらパターンを覚えてなんとかなってきたんですけど。

 

海坊主も、パターンは覚えました。

それでも死にます。

まず、極太レーザーがきついです。

 

f:id:isshiki0022:20191204184849j:plain

 

一撃で死にます。

まだタメがあるときはいいんです。

タイミングを測れますから。

難しいのは、突然放たれるやつ。

通常攻撃では口から水の塊みたいなのを吐いてくるんですけど、それと同じように避けてしまって殺されてしまいます。

 

つぎに足場。

海坊主に近づいてザシュザシュ斬ってたら・・・

f:id:isshiki0022:20191204185114j:plain

 

海坊主と足場の間に落ちて死にました。

 

厳しすぎるだろー!!!

足場くらい気にせず斬らせてくれよーーー!!!

というわけで、あまり遠慮なく近づいて斬ることができません。

 

それでもなんとか頑張って、第二形態まで持っていきました。

 

f:id:isshiki0022:20191204185345j:plain

 

でもこれもまた強い。

相手のリーチがまるでわかりません。

 

いや、そのリーチも大体わかるようにはなりました。

でも避けられません。

太すぎるんです、当たり判定が。

 

f:id:isshiki0022:20191204185635j:plain

 

避けても避けきれず、当たってしまいます。
広範囲の攻撃からの、このリーチ攻撃で最後死んでしまうんです。

 

みてくださいこの残り体力。

もうすぐですよ。

 

めちゃくちゃ悔しいです!!!

 

だけどこんな気持ちのまま続けてもあまり良い結果になりそうにないので、ちょっと時間を空けて、また倒しに行こうと思います。

 

それでは。

 

イッシキでした。

 

※追記

 

たーおーせーまーしーたーーーーー!!!

あれから再起動して40分!!やっと!!

もうこいつとは闘いたくない。

ザコ敵として出てきたりしないだろうな。

 

f:id:isshiki0022:20191204215514j:plain



 

秋アニメの感想を一通り

とりあえずこの記事で書いた秋アニメは一通り観ました。

 

aniota-gamer.hatenablog.com

 

ので、ひとつずつ感想を。

 

アサシンズプライド

ストーリーは面白そうだと思ったのですが、やっぱり絵柄が合いませんでした。

 

加わって、アサシン(名前忘れました)の少女に対する「 Yes, my little lady...」が気持ち悪くて一話で切りました。

 

歌舞伎町シャーロック

結構面白いんじゃないかと思います。

 

事件が起こって、それを探偵が解決する、というド定番な話ではあるんですけど。

 

推理を落語で披露するというのも面白いです。

 

視聴続行です。

警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ

トクナナには色々な人がいるし、その特性を活かしたストーリーが今後展開されていくのだろうという楽しみがある一方、「それはないだろ」というツッコミたくなるような展開もあったり。

 

最近で一番つっこみたかったのは、このシーン。

 

f:id:isshiki0022:20191030183424j:plain

 

ルーキー(あだ名)が、銃を発砲しようとしている先輩刑事から犯人をかばうシーンです。

 

犯人を銃弾からかばうのはまあいいんです。

 

でもこのかばい方はだめでしょう。

 

普通だったら犯人に後ろから飛びつかれて人質になってしまいますよ。

 

ずっと犯人に背を向けて先輩刑事を説得しています。

 

こういうチクチクとした違和感をなくしてくれればと思います。

 

今の所、まだ面白いと思いますので視聴は続行予定です。

 

サイコパス

どうも今までのサイコパスとは毛色が違うかな、という感じがします。

 

主人公に超能力じみた力があります。

 

f:id:isshiki0022:20191030183851j:plain

 

いままではあくまで常人の範囲内で敵を追いかけていったのですが。

 

でもちゃんと面白いです。

 

常守朱が監禁されていたりと、今後気になる展開もありますので、視聴継続です。

 

食戟のソーマ 神ノ皿

普通だったら視聴していたのですけど、3話にきてなんか作画がおかしなことになっています。

f:id:isshiki0022:20191030190404j:plain

↑とくに変なタクミの腕

 

ストーリーは原作で知っているけど、アニメはアニメで面白いので観てきたのですが・・・こうなってくると視聴を継続するかは微妙な感じになってきました。

 

とりあえず様子見ですね。

 

慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~

純粋に面白いです。

 

聖哉は、性格のみならず、慎重なぶん、実際に成長していくところが面白いですね。

 

駄女神とまではいかないけど、その聖哉に振り回されるリスタルテもいいキャラ可と思います。

 

視聴継続です。

 

ぬるぺた

これも面白いです。

 

とにかく演出が面白いです。

 

妙なところでコマ数がガッツリ減ったり、SEがとんでもなかったり。

 

f:id:isshiki0022:20191030191130j:plain

 

回ごとの話も面白いですし、視聴決定です。

 

ハイスコアガール

まだ一話しか観ていませんが、ちゃんとハイスコアガールっぽい面白さは期待できそうです。

 

高校生になったキャラたちが、ゲームとどう付き合っていくのか楽しみです。

 

視聴決定です。

 

旗揚!けものみち

一話目でオリジナルストーリーが出てきたときはどうなることかと思いましたけど、ちゃんと面白いままで安心しました。

 

暁なつめさんのストーリーは、期待を裏切らないでくれそうです。

 

視聴決定です。

 

最後に

さて、とりあえず一通り見てみましたけど、ほとんどは視聴決定かな、といったところですね。

 

さらに前期からの炎炎ノ消防隊とかも合わせると、またちょっと忙しくなりそうですが、頑張って観ていこうと思います。

 

それでは。

 

イッシキでした。

2019年 秋アニメ どれを観ようか

2019年の夏アニメも終わってしまい、秋アニメがスタートします。

 

今季も色々なアニメがありますが、どれを観ていこうか決めて行きたいと思います。

 

とはいえ、夏アニメで「これ観ます」と言っておきながら全然観なかったものもありますので、どこまで信じていいのか自分でもわかりませんけど。

 

ちなみに夏アニメで一番だったのは「女子高生の無駄づかい」です。

 

OPも飛ばさず観てました。

 

 

意味は不明だけど、いろんな意味ですごい曲でした。

 

声優さん、これを歌うのには相当苦労したんじゃないでしょうか。

 

閑話休題

 

今季のアニメですね。

 

まず目にとまったのは「アサシンズプライド」。

 

f:id:isshiki0022:20191002184958p:plain

 

正直、絵は好みじゃありません。

 

でも「少女に才能がなかったら暗殺する家庭教師」という設定、ちょっと惹かれます。

 

もともとはラノベなんですね。

 

まず第一候補にいれておきましょう。

 

次に「兄につける薬はない」。

 

もとは中国のウェブマンガだそうです。

 

絵がちょっと気になって、You Tubeを観たら面白そうだったので、これも候補にします。

 

www.youtube.com

 

次は「歌舞伎町シャーロック」。

 

www.youtube.com

 

なんか一癖も二癖もありそうな探偵たちの物語です。

 

「探偵たちの化かしあい」という文句に惹かれました。

 

視聴者を裏切るような化かし合いとか、大好きです。

 

次は「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」。

 

www.youtube.com

背広を着てますし舞台は東京ですけど、これ、エルフとかドワーフとかが存在していた世界らしいです。

 

ドラゴンに心酔して力を欲する犯罪組織と、警察の対策室の物語。

 

絵はちょっと濃いかな、という感じではありますけど、ストーリーが面白そうなので観てみます。

 

次は「サイコパス」。

 

www.youtube.com

これは無条件で視聴ですね。

 

1はともかく、2のストーリーはちょっと忘れかけてますけど。

 

3を観たら思い出すかもしれません。

 

ドミネーター、かっこいいです。

 

次は「食戟のソーマ 神ノ皿」。

 

www.youtube.com

 

原作では最終章が残念なことになってしまった食戟のソーマですが、北海道編はとても面白かったです。

 

これはぜひアニメでも観て行きたいと思います。

 

次は「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」。

 

www.youtube.com

 

異世界ものですね。

 

なんか最近、異世界ものは食傷気味というか、数話観たらやめてしまうのですが、これはタイトルが気になったので、試しに観てみようかという具合です。

 

TUEEEなのに、慎重な勇者。

 

ちょっと楽しみです。

 

次は「ぬるぺた」。

 

www.youtube.com

 

姉をなくした小学生が、姉をロボットとして作り上げる、という話です。

 

絵もかわいいし、色々笑いどころがありそうです。

 

ちょっと期待しています。

 

次は「ハイスコアガール II」。

 

www.youtube.com

 

なんか原作では著作権がどうたらと、色々と問題になった作品です。

 

でも面白いです。

 

ゲームが基本ですけど、ちょっとしたラブコメも織り交ぜられている感じで。

 

これは多分最後まで視聴すると思います。

 

次は「旗揚!けものみち」。

 

www.youtube.com

 

原作が、「この素晴らしい世界に祝福を」の暁なつめさん著です。

 

最初にいきなりお姫様にジャーマンスープレックスかます暁なつめさんらしいストーリーです。

 

暁なつめさんの作品、このすば、戦闘員派遣、ともに面白いと思っていますので、これも期待します。

 

戦闘員派遣もいずれアニメ化されるでしょうね。

 

さて。

 

とりあえずこんなところでしょうか。

 

10作品ですね。

 

多分視聴をやめるものもあるでしょうし、逆に視聴を始めるものもあるかもしれません。

 

いずれにしても、録画だけは準備しておこうと思います。

 

それでは。

 

イッシキでした。

 

 

 

デッド・オア・アライブ6 フェーズ4 ちょっとダメージアップを狙ってみましょう。

デッド・オア・アライブ6、なんだかんだ言いながら人はちゃんと居ますね。

 

おかげで自分のキャラの攻略のし甲斐もあるというものです。

 

まあそれでも「楽して勝つ」というコンセプトには変わりないのですが。

 

で、相変わらず使っているフェーズ4ですが、以前、簡単なコンボを紹介しました。

 

aniota-gamer.hatenablog.com

 

私がフェーズ4を始めたばかりのときの簡単コンボですね。

 

これから始めるという方は、参考にしていただければいいと思います。

 

で、これらは簡単にできるようになったよ、もうちょっとダメージがほしいよ、という人のためのコンボを、今回は書いて行こうかと思います。

 

まあそんなに違いがあるわけではないのですが。

 

あと、ステージAPOでの壁コンボも安定して出せる方法が見つかりましたので、それも紹介していこうかと思います。

 

まずコンボの方ですが、コンボの最中にK+Hを追加することで、コンボダメージを伸ばすといいです。

 

f:id:isshiki0022:20190925200016j:plain


黒霧(ワープ)から入る上段蹴りです。

 

これを、黒霧のコンボの間に入れるんです。

 

例えば、

①66PP ②地風K ③凪(2P+K) ④4K ⑤地風K+H ⑥地風K ⑦天風K ⑧地風 236P 

といった具合ですね。

 

ここで重要なのは、⑤のK+Hを、②の地風Kのあとに入れているということです。

 

なぜかというと、最初の66PPのあとの地風Kで相手を空中に飛ばさないと、相手はホールドを使えてしまいます。

 

ということは、上段蹴りであるK+Hは下段ホールドで避けられてしまうし、上段ホールドで取られてしまうんですね。

 

何もしないでガードをしてくれてる相手には通用しますが、冷静に対処してくる人には通用しません。

 

なので、地風Kで飛ばしたあとにK+Hを使う必要があるのです。

 

あと、もう一つ注意点があります。

 

K+Hは上段ですから、相手の位置が低かったら当たらないということです。

 

なので必ずK+Hを使う前には、4Kで相手を空中に蹴り上げる必要があります。

 

3Pのほうが使い勝手はいいのですが、3Pだと敵の位置が低くなってしまうため、K+Hが当たらなくなるんです。

 

で、この4Kですが、これもまた上段であるため、凪のときに相手の位置が高くないと当たりません。

 

かならず相手の位置を高く跳ね上げておく必要があります。

 

画像でいうとこんな感じです。

 

f:id:isshiki0022:20190925195923j:plain

 

上に飛ばして初めて4Kがヒットし、そのあとのK+Hもヒットするわけです。

 

このように敵を高く飛ばすためには、凪の前の攻撃がクリティカルである必要があります。

 

普通に3P→地風K、とかでは相手はここまで高く上がってくれません。

 

なので、66PP→地風K、とか8P(よろけ)→3P→地風K、などでヒットさせましょう。

 

9K→地風KなんかでもOKです。

 

なお、ブレイクブローをキャンセルしてからのコンボだったら3P→地風Kとかでも普通に相手は高く上がりますので、4Kからのコンボは全部ヒットします。

 

f:id:isshiki0022:20190925195958j:plain

 

なので全部ヒットしたら、かなりのダメージを与えることができます。

 

例を書いてみると・・・。

 

66PP 地風K 凪 4K 地風K+H 地風K 天風K 地風 ブレイクブロー キャンセル 3P 地風K 凪 4K 地風K+H 地風K 天風K 地風236P。

 

まあ大抵のステージでは、ここまでやると壁にぶつかってしまうので完全にやりきることはできませんけど、それでもかなりダメージは入りますし、敵も嫌がることと思います。

 

で。

 

もう一つ紹介すると言っていたAPOステージの壁コンボです。

 

普通だとAPOステージで236投げで投げた壁コンボは、謎の力によって届かなくなってしまいます。

 

普通のステージだったら8Kや4Kが当たるのですが、当たりません。


しかしこれ、6Kが当たります

 

f:id:isshiki0022:20190925195941j:plain


なので6Kを当てて高く上げたあと、8K 天風K 地風236P、なんかを当てるといいです。

 

重量級だったら、6K 8K 空中投げ、が入ります。

 

ただし注意しなければならないのは、6K 8Kをそのまま入れたら、6KKになってしまうので、ちゃんと間にHを入れてキャンセルをすることを忘れないようにしましょう。

 

これでAPOの壁コンボも安定します。

 

かすみに比べて技が少なすぎるフェーズ4ですが、まだまだこのキャラで食べていけそうです。

 

それでは。

 

イッシキでした。